資格で年収を上げるためのポイントがわかる

通信講座の選び方

資格の勉強を通信講座でする方は多いと思います。
通信講座は、低価格で講義が視聴できたり、主題範囲の絞られたテキストで勉強できたり、 わからない問題があれば質問できたりと、効率的に勉強していけます。

しかし、通信講座選びを間違えてしまえば、独学変わらない勉強になってしまうので、
慎重に選ばなければなりません。

そこで、このページを使い、どういう通信講座を受講すれば合格できるのか
ポイントを解説していきます。

1、映像で講義が視聴できるか?
通信講座の最大のメリットは講義が視聴できることです。
映像で講師の顔を見ながら、講義を聞いていくと知識の理解が深まり、
合格までのスピードが早くなります。
通信講座によって、講義が付いていなかったり、CDだけの音声だけであったり
するところがありますので、気をつけてください。

2、講義はハイビジョン撮影しているか?
実際に勉強していけばわかりますが、ハイビジョン撮影していない講義を 見ていると眠くなり、最後までも勉強を続ける事が出来なくなります。
良くあるケースが、教室での講義模様をそのまま撮影している物です。
それだと映像に迫力がなく、講師と目も合わないので、 長時間見ていられなくなります。

3、テキストはフルカラーか?
モノクロのテキストで勉強していると、やる気が起きなくて、 覚えるのも大変です。
しかし、フルカラーだと脳に刺激が加わって知識が覚えやすくなり、
そして、楽しく勉強していけます。

4、受講生をフォローしてくれるか?
受講生のフォローとは主に質問に対応してくれることです。
通信講座で質問できないところはほとんどないと思いますが、
一応確認はしておいて下さい

5、受講料は5~6万円になっているか?
この受講料は、資格によって価格が変わるので、全て5~6万円が良いとは言いません。 しかし、5~6万円くらい出せば、十分に良い通信講座を受講できるケースが多いと思います。 中には10万円以上する通信講座もありますが、
それは通学の学校が教室を抱えているので 高くなっているだけで、
受講料が高いから中身が充実しているわけではありません。
何度も言いますが、5~6万円あれば良い通信講座を受講できます。


資格年収ランキング

第1位行政書士<国家資格>

行政書士とは、官公署に提出する行政書類を代筆・代行する専門家となります。 何度かテレビドラマにもなり、一度は聞いた事のある国家資格ではないでしょうか?
さらに詳しい情報はコチラ

第2位社会保険労務士<国家資格>

社会保険労務士は、独立開業型の国家資格で、企業の労務管理を請け負う、 人材のスペシャリストとなります。
さらに詳しい情報はコチラ

第3位マンション管理士・管理業務主任者<国家資格>

マンション管理士と管理業務主任者は、マンション管理に関する専門的知識を持つ 国家資格となります。
さらに詳しい情報はコチラ

第4位宅建<国家資格>

皆さんもご存知の通り宅建は、宅地・建物を取り扱う際に必要になる国家資格となります。
さらに詳しい情報はコチラ

第5位ファインナンシャルプランナー<国家資格>

ファイナンシャルプランナーは、金融に関する専門知識を活かして、 個人の顧客にライフプランを提案するお仕事です。
さらに詳しい情報はコチラ

第6位通関士<国家資格>

通関士とは、輸出入に必要な通関手続きを代行する国家資格となります。
さらに詳しい情報はコチラ

第7位簿記<民間資格>

簿記の仕事は、いまさら言うまでもなく、各企業で経理の仕事を行ないます。
さらに詳しい情報はコチラ
通信講座ランキング
フォーサイト

ハイビジョン講義やフルカラーテキストが話題になり高い合格率を誇る通信教育。広告宣伝をしない代わりに受講料を徹底的に下げました。

大原

通学講座として歴史が古く実績もあります。受講者フォローも充実して、講座の種類もかなり充実しています。

ユーキャン

CMで話題になり、高い知名度を誇る通信講座。わかりやすいテキストで初心者でも安心して受講することが出来ます。