資格で年収を上げるためのポイントがわかる

資格学校の活用の仕方は通信講座のみならず、もちろん通学講座の受講という選択肢もあります。むしろ、「ある程度の難易度の資格対策であれば、通信よりも通学」というイメージが強いでしょうか。あらゆる点において実体を掴みにくい通信講座よりも、講師を目の前にして直接学ぶことの出来る通学講座の方が、安心感があるでしょうし、モチベーションも維持しやすいと言えるかもしれません。

 通信講座か通学講座か。いずれの方法で資格対策をするのが良いかは、個々のライフスタイルや好みによると思います。しかしながら、日々あまり時間に余裕のない社会人の資格受験を考える上では、通学講座に通うことのリスクにもしっかりと目を向けておく必要があると思います。

 今の生活に“予備校通学”をプラスした生活を、具体的にイメージしてみて下さい。
日々の仕事をこなしながら、特定の曜日・時間に学校に通って2時間程度の講義を受講して帰宅する。当然、受講の前後には予習と復習をこなし、講義に出席するためには仕事上のスケジュール調整も必要。また、通学講座となれば、通信講座以上に受講料がかさむ傾向にあります。

いかがでしょうか?通うことでの身体的、精神的負担感、加えて金銭面での負担に、果たして無理なく対応できるでしょうか?イメージだけであれば、「何とかやれるかもしれない」と思われるかもしれません。ですが、実際に通学をスタートされてみると、想像以上に大変だと感じる方が大半であり、結果的に受験までたどり着けずに挫折する受験生だって決して少なくはないのです。仕事と資格対策の両立はただでさえ大変なことです。加えて通学が必要となれば、その苦労はなおのこと、大きなものになって皆さんの肩にのしかかってくることでしょう。

社会人の資格受験において、今、見直されつつあるのが「通信講座」です。
通学するには時間も体力も、そしてお金もない。何かと制約のある社会人の資格対策上、試験対策専用のカリキュラムと教材でマイペースに、しかもリーズナブルに学べる通信講座の学習スタイルが広く支持されています。
通信講座というと、少し前までは「怪しげ」「教材だけ送りつけておしまい」「さほど知識が身に着かない」とずいぶん悪評高いものでしたが、ここ数年で状況はがらりと変わっているようです。社会人の資格取得がブームとなりつつある中で業界全体が活気づき、講座全体の質は確実に向上してきているのです。
「通信講座はちょっと・・・」と食わず嫌いをする前に、学習法の選択肢の一つとして、通信講座の資格対策をリサーチされてみてはいかがでしょうか?合格の可能性をぐんと高めてくれる講座に、出会えるかもしれません。


資格年収ランキング

第1位行政書士<国家資格>

行政書士とは、官公署に提出する行政書類を代筆・代行する専門家となります。 何度かテレビドラマにもなり、一度は聞いた事のある国家資格ではないでしょうか?
さらに詳しい情報はコチラ

第2位社会保険労務士<国家資格>

社会保険労務士は、独立開業型の国家資格で、企業の労務管理を請け負う、 人材のスペシャリストとなります。
さらに詳しい情報はコチラ

第3位マンション管理士・管理業務主任者<国家資格>

マンション管理士と管理業務主任者は、マンション管理に関する専門的知識を持つ 国家資格となります。
さらに詳しい情報はコチラ

第4位宅建<国家資格>

皆さんもご存知の通り宅建は、宅地・建物を取り扱う際に必要になる国家資格となります。
さらに詳しい情報はコチラ

第5位ファインナンシャルプランナー<国家資格>

ファイナンシャルプランナーは、金融に関する専門知識を活かして、 個人の顧客にライフプランを提案するお仕事です。
さらに詳しい情報はコチラ

第6位通関士<国家資格>

通関士とは、輸出入に必要な通関手続きを代行する国家資格となります。
さらに詳しい情報はコチラ

第7位簿記<民間資格>

簿記の仕事は、いまさら言うまでもなく、各企業で経理の仕事を行ないます。
さらに詳しい情報はコチラ
通信講座ランキング
フォーサイト

ハイビジョン講義やフルカラーテキストが話題になり高い合格率を誇る通信教育。広告宣伝をしない代わりに受講料を徹底的に下げました。

大原

通学講座として歴史が古く実績もあります。受講者フォローも充実して、講座の種類もかなり充実しています。

ユーキャン

CMで話題になり、高い知名度を誇る通信講座。わかりやすいテキストで初心者でも安心して受講することが出来ます。