資格で年収を上げるためのポイントがわかる

宅建の難易度

ここでは、宅建の難易度を説明していきます。
まずは以下の合格率をご覧下さい。

宅建の合格率
平成17年 17.3%
平成18年 17.1%
平成19年 17.3%
平成20年 16.2%
平成21年 17.9%
平成22年 15.2%
平成23年 16.1%
平成24年 16.7%
平成25年 15.3%

良く宅建は、それほど難易度の高い試験ではないという方がいます。

確かに宅建は、合格率は低いのですが、それは受験資格がない上、
毎年20万人近い受験生がいるので、全体のレベルは決して高くありません。
そのため、合格することはそれほど難しくないと思っている方が多いと感じます。

しかし、それは過去の話です。
現在の宅建は、事例問題が多くなり、思考力が必要となったことから、
簡単に合格できる試験ではなくなりました。
むしろ、難易度が高いと言えるのです。

しかし、そうは言っても試験対策をしっかりと行なえば、
勉強量に比例して、直実に合格に近くづく試験だと思います。

重要なのは、インターネットやその他の情報に惑わされないで、
いかに勉強するかです。

これは私の感覚的なことですが、宅建を受験する方の中には、
試験が簡単という言葉にだまされ、しっかりと受験対策しない方が
多いと感じます。

しかし、それで合格できるはずがありません。

例え、合格しやすかったとしても、
宅建は合格するまでには最低でも300時間の勉強量が必要です。

このサイトでは口をすっぱくして何度も言っていますが、
今回紹介する資格で簡単な試験はないと。

合格しやすいというのは、多くの勉強量をこなした結果の話です。
合格しやすいから、勉強しなくて良いと言うことではないと理解しておいて下さい。
そこを理解しなければ、確実に不合格の道を歩むことになります。


資格年収ランキング

第1位行政書士<国家資格>

行政書士とは、官公署に提出する行政書類を代筆・代行する専門家となります。 何度かテレビドラマにもなり、一度は聞いた事のある国家資格ではないでしょうか?
さらに詳しい情報はコチラ

第2位社会保険労務士<国家資格>

社会保険労務士は、独立開業型の国家資格で、企業の労務管理を請け負う、 人材のスペシャリストとなります。
さらに詳しい情報はコチラ

第3位マンション管理士・管理業務主任者<国家資格>

マンション管理士と管理業務主任者は、マンション管理に関する専門的知識を持つ 国家資格となります。
さらに詳しい情報はコチラ

第4位宅建<国家資格>

皆さんもご存知の通り宅建は、宅地・建物を取り扱う際に必要になる国家資格となります。
さらに詳しい情報はコチラ

第5位ファインナンシャルプランナー<国家資格>

ファイナンシャルプランナーは、金融に関する専門知識を活かして、 個人の顧客にライフプランを提案するお仕事です。
さらに詳しい情報はコチラ

第6位通関士<国家資格>

通関士とは、輸出入に必要な通関手続きを代行する国家資格となります。
さらに詳しい情報はコチラ

第7位簿記<民間資格>

簿記の仕事は、いまさら言うまでもなく、各企業で経理の仕事を行ないます。
さらに詳しい情報はコチラ
通信講座ランキング
フォーサイト

ハイビジョン講義やフルカラーテキストが話題になり高い合格率を誇る通信教育。広告宣伝をしない代わりに受講料を徹底的に下げました。

大原

通学講座として歴史が古く実績もあります。受講者フォローも充実して、講座の種類もかなり充実しています。

ユーキャン

CMで話題になり、高い知名度を誇る通信講座。わかりやすいテキストで初心者でも安心して受講することが出来ます。