資格で年収を上げるためのポイントがわかる

宅建の仕事と年収について

<仕事編>
皆さんもご存知の通り宅建は、宅地・建物を取り扱う際に必要になる国家資格となります。その仕事内容は、通常の不動産屋さんで働く、一般社員と何ら変わりありません。
例えば、営業したり、土地を仕入れたり、顧客を物件に案内したりです。

ただ、宅建有資格者にしか出来ない仕事というものがあります。
それは、
●重要事項の説明
●重要事項説明書への記名・押印
●契約内容記載書への記名・押印
です。

また、各営業所に5人の1人の割合で宅建の有資格者を配置しなければいけない決まりあります。
つまり、不動産業を行う上で、宅建という資格がなければ、
仕事をするが出来ないのです。

<年収編>
宅建の働き方は、不動産関係の会社に就職して仕事する事になります。
そのため、年収はその会社や業界の水準と考えてください。

例えば、不動産業界の平均年収は約600万円で、
住宅メーカーなら約570万円です。

ただ、不動産業界の場合、営業成績において 成果報酬が取り入られているケースがほとんどなので、1千万円を超える方が非常に多いのも特徴です。

また、一見敷居が高いように感じられる独立開業でも、
仲介業者としてなら、十分に年収を上げる事が出来ます。

例えば、5000万円の土地を販売したとすれば、3%の手数料がもらえるので、
5000万×0.03=150万円の収入になります。
しかも、仲介業者の場合、物件や不動産などの在庫を抱える必要がないので、
元手がなくてもはじめられます。
もちろん、自分脈が必要になりますが、十分に稼げる資格であることは
間違いありません。

宅建では年収が上げられないとか、あまり意味がないとか言う人がいますが、
どんなに不動産不況でも、やはり日本に置いて不動産なら
十分に年収が上げられる資格なのです。


資格年収ランキング

第1位行政書士<国家資格>

行政書士とは、官公署に提出する行政書類を代筆・代行する専門家となります。 何度かテレビドラマにもなり、一度は聞いた事のある国家資格ではないでしょうか?
さらに詳しい情報はコチラ

第2位社会保険労務士<国家資格>

社会保険労務士は、独立開業型の国家資格で、企業の労務管理を請け負う、 人材のスペシャリストとなります。
さらに詳しい情報はコチラ

第3位マンション管理士・管理業務主任者<国家資格>

マンション管理士と管理業務主任者は、マンション管理に関する専門的知識を持つ 国家資格となります。
さらに詳しい情報はコチラ

第4位宅建<国家資格>

皆さんもご存知の通り宅建は、宅地・建物を取り扱う際に必要になる国家資格となります。
さらに詳しい情報はコチラ

第5位ファインナンシャルプランナー<国家資格>

ファイナンシャルプランナーは、金融に関する専門知識を活かして、 個人の顧客にライフプランを提案するお仕事です。
さらに詳しい情報はコチラ

第6位通関士<国家資格>

通関士とは、輸出入に必要な通関手続きを代行する国家資格となります。
さらに詳しい情報はコチラ

第7位簿記<民間資格>

簿記の仕事は、いまさら言うまでもなく、各企業で経理の仕事を行ないます。
さらに詳しい情報はコチラ
通信講座ランキング
フォーサイト

ハイビジョン講義やフルカラーテキストが話題になり高い合格率を誇る通信教育。広告宣伝をしない代わりに受講料を徹底的に下げました。

大原

通学講座として歴史が古く実績もあります。受講者フォローも充実して、講座の種類もかなり充実しています。

ユーキャン

CMで話題になり、高い知名度を誇る通信講座。わかりやすいテキストで初心者でも安心して受講することが出来ます。