資格で年収を上げるためのポイントがわかる

資格を通信講座で受けるときに、避けたい失敗とは

メジャーな資格に受かるには、今は通信講座を利用するのが手っ取り早くて、誰にとっても平均して使いやすくて、とにかくおすすめです。

しかし、よくできた通信講座を申し込んでも、試験で結局落っこちてしまう人がいます。これは、どの資格試験でも、どんな優良な通信を受講した人でも、必ず発生する現象だそうです。

しかし、そのような失敗する受験者には少しずつ共通点があるようです。今から資格を受ける人は、通信講座を実際にやりはじめる前に、その共通点をよく覚えて、同じ轍は踏まないようにしたほうがよいでしょう。

失敗例その1:わかるまで、テキストの同じページを何度も繰り返し読もうとする
完全に納得がいくまで、先へ進もうとしない性分の人がいます。そのような性格が、よい結果をもたらしてくれることは、人生ではたまにあるのかもしれません。しかし資格の試験ではそれはNGです。
資格の試験では、とにかく時間との戦いです。同じ箇所でずっと立ちどまってしまうのは致命的なロスになります。わからない部分は後回しにして、あとでもう1回取り組むように頭を切り替えるべきです。

失敗例その2:部屋で、机に向かってひたすら勉強しようとする
机に真面目に向かおうとするのは、別に悪いことではありません。机に向かう時間を増やそうとするのも、もちろん悪いことではないです。しかし、勉強する場所を自室内に限定するのはまちがい。外に出かけている間も、暇を見つけて勉強しようとするのが、賢い受験者であり、賢い通信講座受講者のお手本です。

失敗例その3:問題を、よく解かない
これまた、なまじ真面目なタイプの受験者がよく犯す失敗です。テキストばかりを読んで、テキストの内容をじっくり理解できたとしても……それだけでは試験には合格できません。
なぜならば、問題を解くことに慣れていないからです。試験の日は、ものすごく短い時間で全問題を解かないといけません。普段から問題を解き慣れていないと、絶対に途中までしか解答用紙を完成できなくなります。


資格年収ランキング

第1位行政書士<国家資格>

行政書士とは、官公署に提出する行政書類を代筆・代行する専門家となります。 何度かテレビドラマにもなり、一度は聞いた事のある国家資格ではないでしょうか?
さらに詳しい情報はコチラ

第2位社会保険労務士<国家資格>

社会保険労務士は、独立開業型の国家資格で、企業の労務管理を請け負う、 人材のスペシャリストとなります。
さらに詳しい情報はコチラ

第3位マンション管理士・管理業務主任者<国家資格>

マンション管理士と管理業務主任者は、マンション管理に関する専門的知識を持つ 国家資格となります。
さらに詳しい情報はコチラ

第4位宅建<国家資格>

皆さんもご存知の通り宅建は、宅地・建物を取り扱う際に必要になる国家資格となります。
さらに詳しい情報はコチラ

第5位ファインナンシャルプランナー<国家資格>

ファイナンシャルプランナーは、金融に関する専門知識を活かして、 個人の顧客にライフプランを提案するお仕事です。
さらに詳しい情報はコチラ

第6位通関士<国家資格>

通関士とは、輸出入に必要な通関手続きを代行する国家資格となります。
さらに詳しい情報はコチラ

第7位簿記<民間資格>

簿記の仕事は、いまさら言うまでもなく、各企業で経理の仕事を行ないます。
さらに詳しい情報はコチラ
通信講座ランキング
フォーサイト

ハイビジョン講義やフルカラーテキストが話題になり高い合格率を誇る通信教育。広告宣伝をしない代わりに受講料を徹底的に下げました。

大原

通学講座として歴史が古く実績もあります。受講者フォローも充実して、講座の種類もかなり充実しています。

ユーキャン

CMで話題になり、高い知名度を誇る通信講座。わかりやすいテキストで初心者でも安心して受講することが出来ます。