資格で年収を上げるためのポイントがわかる

資格取得のための勉強法

資格を活用して年収を上げるためには、まず試験に合格する必要があります。
ただ、ここで1度説明したように、年収の上げられる資格というのは、
難易度が高く、簡単に合格できる試験ではありません。

そこで、重要なのは勉強法です。
この勉強法をどのような考えで、どのようにすれば合格できるのかしっかり考えなくてはいけません。

まず、絶対にやってはいけないのが独学です。

資格の勉強をする際多くの方は、独学で勉強します。
そして、不合格になっていくのです。
これが、資格勉強の実態です。

それでは何故多くの方は、独学で勉強してしまうのでしょうか?
その答えは、お金を使いたくないからだそうです。

正直、私のこの意見を聴いて愕然としました。

考えても見て下さい。
資格を取得するというのは、今後のあなたの仕事や生活を変えて行きたいということです。
もっと言ってしまえば、人生を変えるきっかになるかも知れないことです。

それにもかかわらず、ただお金を使いたくないという理由だけで、
みすみす合格のチャンスを逃してしまうのです。

確かにその気持ちもわからなくもありません。
誰だってお金を出来るだけ使いたくないですし、
もしかしたら本当にお金がない方もいる可能性もあります。

しかし、あなたの目的はあくまでも、資格を取得して年収を上げたり、就職・転職したりする事です。資格取得はそのための1つの通過点で、ゴールではないのです。
それでも決して簡単な事ではありませんし、楽なことでもありません。

にもかかわらず、もっとも困難で合格の可能性が低い独学で、勉強すること自体ナンセンスです。

それに、需要のある資格というのは、難易度が高く、皆と同じような勉強をしていては
合格できません。
もちろん、あなたが昔から勉強が出来て、超1流の大学を卒業していれば
独学で合格も十分に可能です。

しかし、そうした人達はすでに自分が必要だと思う資格を取得して、
仕事にいかしているはずです。

ほとんどの方は、多くの勉強時間を割いて、
合格するためのノウハウを学ながら勉強していかなくては合格出来ません。

まず、あなたが考える事は、どうすれば確実にそして最短に合格できるかです。
そしてその方法を実行する事です。

独学で勉強するということは、試験に合格することを目的としているのではなく、
お金をかけないことを目的としているだけだと覚えておいて下さい。


資格年収ランキング

第1位行政書士<国家資格>

行政書士とは、官公署に提出する行政書類を代筆・代行する専門家となります。 何度かテレビドラマにもなり、一度は聞いた事のある国家資格ではないでしょうか?
さらに詳しい情報はコチラ

第2位社会保険労務士<国家資格>

社会保険労務士は、独立開業型の国家資格で、企業の労務管理を請け負う、 人材のスペシャリストとなります。
さらに詳しい情報はコチラ

第3位マンション管理士・管理業務主任者<国家資格>

マンション管理士と管理業務主任者は、マンション管理に関する専門的知識を持つ 国家資格となります。
さらに詳しい情報はコチラ

第4位宅建<国家資格>

皆さんもご存知の通り宅建は、宅地・建物を取り扱う際に必要になる国家資格となります。
さらに詳しい情報はコチラ

第5位ファインナンシャルプランナー<国家資格>

ファイナンシャルプランナーは、金融に関する専門知識を活かして、 個人の顧客にライフプランを提案するお仕事です。
さらに詳しい情報はコチラ

第6位通関士<国家資格>

通関士とは、輸出入に必要な通関手続きを代行する国家資格となります。
さらに詳しい情報はコチラ

第7位簿記<民間資格>

簿記の仕事は、いまさら言うまでもなく、各企業で経理の仕事を行ないます。
さらに詳しい情報はコチラ
通信講座ランキング
フォーサイト

ハイビジョン講義やフルカラーテキストが話題になり高い合格率を誇る通信教育。広告宣伝をしない代わりに受講料を徹底的に下げました。

大原

通学講座として歴史が古く実績もあります。受講者フォローも充実して、講座の種類もかなり充実しています。

ユーキャン

CMで話題になり、高い知名度を誇る通信講座。わかりやすいテキストで初心者でも安心して受講することが出来ます。