資格で年収を上げるためのポイントがわかる

資格の難易度を考える

資格の難易度は、どの資格を選ぶか考える上で非常に重要です。
何故なら、資格の難易度によって、需要と供給のバランスに影響してくるからです。

ここでもう一度思い出して欲しいのですが、
資格を選ぶ時に、ある程度難易度の高い資格を選ぶと説明しました。

このある程度というのは、具体的に表現するのは非常に難しいのですが、
あえて言うとしたら、合格率が30%~10%台。
出来れば1桁台の合格率の資格を狙ってほしいと思います。

ただ、難易度と言うのは、各資格によって、試験制度や受験者層が異なり、
一概に合格率だけで判断できません。
例えば、税理士の試験を例に取ると、税理士は科目別合格制になっており、
1科目の合格率は10%くらいです。

しかし、一度に全て合格するのは、まず無理で、
何年もかけて勉強しなければなりません。
ですので、今回お伝えしている「ある程度難易度の高い試験」という枠を超えて、
超難関試験になります。

ここでポイントなるのは、1年や2年くらいの勉強で合格できる試験だということです。

先程紹介した税理士はもちろん、司法書士や弁護士などは、
合格するまでにかなりの勉強量と歳月が必要で、
それでも合格できない方は沢山います。

しかし、上記まで難易度は高くありませんが、合格率が1ケタ台で、
ある程度難易度が高く、仕事の需要がある資格と言うのは結構あります。

そうしたねらい目の資格は、難易度が高すぎるとはじめから諦める人が多く、
例え受験したとしても本気で勉強する方は意外に少ないのです。

そのため、まだまだ資格取得者は数が少なく、仕事につながりやすくなります。
しかし、その分「ある程度難易度の高い資格」というのは、
普通に勉強するだけでは合格することは出来ません。

もし、普通に勉強して合格してしまえば、資格の価値がなくなり、
仕事につながらなくなります。
ですから、資格の価値が高くなるのです。

でも安心して下さい。
このサイトでは、そうした資格に合格する勉強法も紹介します。


資格年収ランキング

第1位行政書士<国家資格>

行政書士とは、官公署に提出する行政書類を代筆・代行する専門家となります。 何度かテレビドラマにもなり、一度は聞いた事のある国家資格ではないでしょうか?
さらに詳しい情報はコチラ

第2位社会保険労務士<国家資格>

社会保険労務士は、独立開業型の国家資格で、企業の労務管理を請け負う、 人材のスペシャリストとなります。
さらに詳しい情報はコチラ

第3位マンション管理士・管理業務主任者<国家資格>

マンション管理士と管理業務主任者は、マンション管理に関する専門的知識を持つ 国家資格となります。
さらに詳しい情報はコチラ

第4位宅建<国家資格>

皆さんもご存知の通り宅建は、宅地・建物を取り扱う際に必要になる国家資格となります。
さらに詳しい情報はコチラ

第5位ファインナンシャルプランナー<国家資格>

ファイナンシャルプランナーは、金融に関する専門知識を活かして、 個人の顧客にライフプランを提案するお仕事です。
さらに詳しい情報はコチラ

第6位通関士<国家資格>

通関士とは、輸出入に必要な通関手続きを代行する国家資格となります。
さらに詳しい情報はコチラ

第7位簿記<民間資格>

簿記の仕事は、いまさら言うまでもなく、各企業で経理の仕事を行ないます。
さらに詳しい情報はコチラ
通信講座ランキング
フォーサイト

ハイビジョン講義やフルカラーテキストが話題になり高い合格率を誇る通信教育。広告宣伝をしない代わりに受講料を徹底的に下げました。

大原

通学講座として歴史が古く実績もあります。受講者フォローも充実して、講座の種類もかなり充実しています。

ユーキャン

CMで話題になり、高い知名度を誇る通信講座。わかりやすいテキストで初心者でも安心して受講することが出来ます。