資格で年収を上げるためのポイントがわかる

資格で年収を上げる方法!

まず、はじめにお伝えしたいのは、資格そのものの力で、年収を上げたり
就職したりすることは出来ません。

例えば、超難関資格と言われる弁護士や司法書士でも、
普通の会社員より年収が低く、仕事に溢れている方が沢山います。

逆に同じ法律系の資格で、上記の2つより資格の価値が若干落ちますが、
それでも、年収数千万円と稼いでいる方が沢山います。

これらの違いは何かというと、資格を活用して年収を上げている方は、
資格はあくまでも仕事をするための手段として考え、どのように年収を上げるかは、
自分の工夫と努力次第と考えております。

対して、資格を取得して年収の上がらない方は、
資格を取得すれば顧客が向こうから寄って来て、
高い報酬を得られると思っていたり、年収の高い会社に就職できると思っていたりします。

つまり、資格で年収を上げるためには、
その資格をどのように活用するかプラスαの思考が必要なのです。

ここは非常に重要なポイントなるので、しっかりと考えて下さい。

例えば、独立開業型の資格を取得して仕事をしたとします。
その時に重要になるのは、どのように顧客を集めるかです。

上記でも説明したように黙っていても、顧客が寄って来ることはありません。

ですので、マーケティングの勉強をして見たり、インターネットの集客方法を学んで見たりする必要があります。

また、企業に就職する場合でも、その資格利用して、
どのように成績を伸ばしていくか考える必要があります。

このような事が、資格の知識とは直接関係のないプラスαの要素となり、
資格を活用して年収を上げる秘訣になるのです。

もちろん、資格によって、そのプラスαの要素がそれほど必要のない資格というのがあります。

皆さんは、そのような資格を狙う必要があるのです。

ただ、どのような資格であれ、大小問わず、プラスαの要素が必ず必要になり、資格は打ち出の小槌ではないと覚えておいて下さい。


資格年収ランキング

第1位行政書士<国家資格>

行政書士とは、官公署に提出する行政書類を代筆・代行する専門家となります。 何度かテレビドラマにもなり、一度は聞いた事のある国家資格ではないでしょうか?
さらに詳しい情報はコチラ

第2位社会保険労務士<国家資格>

社会保険労務士は、独立開業型の国家資格で、企業の労務管理を請け負う、 人材のスペシャリストとなります。
さらに詳しい情報はコチラ

第3位マンション管理士・管理業務主任者<国家資格>

マンション管理士と管理業務主任者は、マンション管理に関する専門的知識を持つ 国家資格となります。
さらに詳しい情報はコチラ

第4位宅建<国家資格>

皆さんもご存知の通り宅建は、宅地・建物を取り扱う際に必要になる国家資格となります。
さらに詳しい情報はコチラ

第5位ファインナンシャルプランナー<国家資格>

ファイナンシャルプランナーは、金融に関する専門知識を活かして、 個人の顧客にライフプランを提案するお仕事です。
さらに詳しい情報はコチラ

第6位通関士<国家資格>

通関士とは、輸出入に必要な通関手続きを代行する国家資格となります。
さらに詳しい情報はコチラ

第7位簿記<民間資格>

簿記の仕事は、いまさら言うまでもなく、各企業で経理の仕事を行ないます。
さらに詳しい情報はコチラ
通信講座ランキング
フォーサイト

ハイビジョン講義やフルカラーテキストが話題になり高い合格率を誇る通信教育。広告宣伝をしない代わりに受講料を徹底的に下げました。

大原

通学講座として歴史が古く実績もあります。受講者フォローも充実して、講座の種類もかなり充実しています。

ユーキャン

CMで話題になり、高い知名度を誇る通信講座。わかりやすいテキストで初心者でも安心して受講することが出来ます。