資格で年収を上げるためのポイントがわかる

社会保険労務士の仕事と年収について

<仕事編>
社会保険労務士は、独立開業型の国家資格で、企業の労務管理を請け負う、
人材のスペシャリストとなります。

仕事内容を紹介すると、
●就業規則・賃金台帳・労働者名簿の作成
●社会保険。労働保険の加入・給付の手続き
●従業員の募集・採用・退職の相談
●賃金制度の指導
●社員教育の指導
●労働問題の解決
などです。

詳しく言えばまだまだありますが、要するに企業で働く従業員全般に関する
仕事を請け負います

例えば、賃金制度を作る場合、個々の従業員に対して適切な評価が出来る仕組みを
作る必要があります。
そして、昇給はどうするのか?基本給はどうするのか?など
会社の方針や業績を考慮しながら考えていかなくてはいけません。

その他にも社員教育をするのなら、どういうプログラムを組めば、
従業員の能力を引き出せるかなども考える必要があります。

このように企業で財産となる人材の仕事なので、非常に責任が重くなる一歩、
仕事に対してのやりがいがあるのが特徴です。

<年収編>
社会保険労務士の平均年収は、500万円~600万円くらいといわれています。
ただ、社会保険労務士の場合、独立した場合と
企業で勤務した場合を分けて考えなくてはいけません。

基本的に社会保険労務士は、独立開業型の資格ですが、
実は企業に勤務する、勤務社会保険労務士が多いのも特徴になります。
全体の約3割が勤務社会保険労務士といわれているくらいです。

勤務社会保険労務士の年収を考えて見ると、
基本的に、一般の従業員や会社と同じだと思ってください。

例えば、Aと言う会社に就職したら、
その会社の年齢や役職などに合わせた年収になり、
社会保険労務士だからといって特別な待遇にはなりません。

対して独立開業した場合だと、1千万円を超える事もありますし、
逆に毎月の生活費さえままならないほどの額になる可能性もあります。

しかし、社会保険労務士の場合、企業と顧問契約を結べば、継続する可能性が高く、
毎月の収入が安定しやすいと思います。
そして、顧問先企業を増やしていけば、
毎月その分の収入が上乗せされ、年収1千万円を越える事も難しくありません。

行政書士と比べ、爆発的に稼ぐ事は難しくても、安定する可能性が高くなります。


資格年収ランキング

第1位行政書士<国家資格>

行政書士とは、官公署に提出する行政書類を代筆・代行する専門家となります。 何度かテレビドラマにもなり、一度は聞いた事のある国家資格ではないでしょうか?
さらに詳しい情報はコチラ

第2位社会保険労務士<国家資格>

社会保険労務士は、独立開業型の国家資格で、企業の労務管理を請け負う、 人材のスペシャリストとなります。
さらに詳しい情報はコチラ

第3位マンション管理士・管理業務主任者<国家資格>

マンション管理士と管理業務主任者は、マンション管理に関する専門的知識を持つ 国家資格となります。
さらに詳しい情報はコチラ

第4位宅建<国家資格>

皆さんもご存知の通り宅建は、宅地・建物を取り扱う際に必要になる国家資格となります。
さらに詳しい情報はコチラ

第5位ファインナンシャルプランナー<国家資格>

ファイナンシャルプランナーは、金融に関する専門知識を活かして、 個人の顧客にライフプランを提案するお仕事です。
さらに詳しい情報はコチラ

第6位通関士<国家資格>

通関士とは、輸出入に必要な通関手続きを代行する国家資格となります。
さらに詳しい情報はコチラ

第7位簿記<民間資格>

簿記の仕事は、いまさら言うまでもなく、各企業で経理の仕事を行ないます。
さらに詳しい情報はコチラ
通信講座ランキング
フォーサイト

ハイビジョン講義やフルカラーテキストが話題になり高い合格率を誇る通信教育。広告宣伝をしない代わりに受講料を徹底的に下げました。

大原

通学講座として歴史が古く実績もあります。受講者フォローも充実して、講座の種類もかなり充実しています。

ユーキャン

CMで話題になり、高い知名度を誇る通信講座。わかりやすいテキストで初心者でも安心して受講することが出来ます。