資格で年収を上げるためのポイントがわかる

独学と通信講座の違い

これから資格に挑戦される皆さんの中には、通信講座を受講すること自体に抵抗感のある方もいらっしゃると思います。

通信講座というと、どうも怪しい感じがする
受講料を支払ってまで講座を受講するなら、通学の方が安心なんじゃないか
自宅で勉強するなら、独学の方が安上がりで済みそう

等々、様々思うところはあるかもしれませんね。
とりわけ、通信講座と比較されがちな資格対策として「独学」があり、そちらの方が手軽だからということで、通信講座よりも独学を選ばれる受験生も多いようです。

 しかしながら、通信講座と独学は、そもそも同列で考えられるべきではありません。
両者は似て非なるもの、いくつもの点において「通信講座を選ぶべき理由」があるのです。

 通信講座の資格対策と独学、その最大の違いは「学習方針」にあります。

通信講座の場合、受験のプロが研究に研究を重ね、その集大成としてカリキュラムや教材が作られ受講生に提供されているので、学習方針としてはしっかりと一本筋の通ったものであると言えるでしょう。
一方、独学の場合にはすべてが受験生自身の独断と偏見によるもの。どんな教材を使って、どのようなペースで勉強を進めるのかは、個々に委ねられています。
よほど資格受験に慣れた方であれば良いのでしょうが、全くの受験素人が、果たして効率良く合格を目指すこと等出来るでしょうか?
学習方針も何もない学習で、年収アップを狙える資格対策など不可能であると言わざるを得ません。

 通信講座と独学の資格対策の比較として、よく引き合いに出されるのが学習にかかる「お金」の問題。
しかしながら、この点については通信講座も独学も、トータルで考えればさほど大きな差はないか、むしろ通信講座の方が安上がりで済む

といったケースも考えられるでしょう。
前ページでご紹介した通り、通信講座であれば大体の資格対策を5万円以内に収まる範囲で見つけることが出来ます。
一方、独学の場合には一冊一冊はリーズナブルであっても、あれもこれもと追加購入するうちに意外と高額になる、といったことも十分に考えられます。
一貫して教材を絞り込むことが出来れば良いのでしょうが、独学を続けていく上ではどうしても不安が付いて回りますから、教材がどんどん数を増してしまうものです。結果的に、通信講座の受講料を上回る出費に到達してしまうこともあるでしょう。

 プロによるカリキュラムと教材で学べる通信か、自分の好きな教材や学習ペースで学べる独学か。コスト的にさほど差がないと分かれば、どちらを選ぶべきかはもはや迷う余地はありませんね!


資格年収ランキング

第1位行政書士<国家資格>

行政書士とは、官公署に提出する行政書類を代筆・代行する専門家となります。 何度かテレビドラマにもなり、一度は聞いた事のある国家資格ではないでしょうか?
さらに詳しい情報はコチラ

第2位社会保険労務士<国家資格>

社会保険労務士は、独立開業型の国家資格で、企業の労務管理を請け負う、 人材のスペシャリストとなります。
さらに詳しい情報はコチラ

第3位マンション管理士・管理業務主任者<国家資格>

マンション管理士と管理業務主任者は、マンション管理に関する専門的知識を持つ 国家資格となります。
さらに詳しい情報はコチラ

第4位宅建<国家資格>

皆さんもご存知の通り宅建は、宅地・建物を取り扱う際に必要になる国家資格となります。
さらに詳しい情報はコチラ

第5位ファインナンシャルプランナー<国家資格>

ファイナンシャルプランナーは、金融に関する専門知識を活かして、 個人の顧客にライフプランを提案するお仕事です。
さらに詳しい情報はコチラ

第6位通関士<国家資格>

通関士とは、輸出入に必要な通関手続きを代行する国家資格となります。
さらに詳しい情報はコチラ

第7位簿記<民間資格>

簿記の仕事は、いまさら言うまでもなく、各企業で経理の仕事を行ないます。
さらに詳しい情報はコチラ
通信講座ランキング
フォーサイト

ハイビジョン講義やフルカラーテキストが話題になり高い合格率を誇る通信教育。広告宣伝をしない代わりに受講料を徹底的に下げました。

大原

通学講座として歴史が古く実績もあります。受講者フォローも充実して、講座の種類もかなり充実しています。

ユーキャン

CMで話題になり、高い知名度を誇る通信講座。わかりやすいテキストで初心者でも安心して受講することが出来ます。