資格で年収を上げるためのポイントがわかる

旅行業務取扱管理者の仕事と年収について

<仕事編>
旅行業務取扱管理者は、旅行業界で唯一の国家資格。国は現在、この資格を持っている人材を配置することを、旅行会社に義務付けています。
この資格を持っていると、旅行会社や旅行代理店のような事業所で、旅行商品の管理や監督業務全般を行うことが認められます。サービスの説明や書面の交付、金額の提示やプランの作成といった業務が特に指定されています。

※誤解されているかもしれませんが、この資格があるとツアーコンダクターに慣れるという意味ではありません。確かに、ツアコンの中にはこの資格を持っている人がよくいますが、厳密にはこの資格は、添乗員になるためにつくられたのではありません。

いずれにしても、この資格は旅行事業者と切っても切れない関係にあります。旅行を愛する人が旅行を生涯の仕事としたいのなら、とても相性がよい資格となりますし、勉強の段階で実務等とかかわりが深い知識をまとめて吸収できます。

<年収編>
旅行業務取扱管理者は、基本的に会社員として働くために存在する資格です。合格したら就職する人が多数派ですが、手に入る年収は就業した会社によって変わります。平均的な年収を予測することは難しいのですが、最初のうちはあまり高い金額にはならないでしょう。特に社会人経験がない場合なら、300万円に届かなくても不思議ではありません。もっともそれは、どこの業界でもたいして変わらないでしょう。

現役の旅行業務取扱管理者の平均年収も、年齢や経験年数・就業年数しだいで様変わりします。ただし、中堅以上のクラスになったら、500万円は自然と超えるのではないでしょうか。
もともとこの旅行業務取扱管理者は、一獲千金を夢見るような職業ではありません、旅行業界という独特のやりがいがある世界に飛び込みたい人のためにつくられた、一種の登竜門ととらえたほうがよいでしょう。


資格年収ランキング

第1位行政書士<国家資格>

行政書士とは、官公署に提出する行政書類を代筆・代行する専門家となります。 何度かテレビドラマにもなり、一度は聞いた事のある国家資格ではないでしょうか?
さらに詳しい情報はコチラ

第2位社会保険労務士<国家資格>

社会保険労務士は、独立開業型の国家資格で、企業の労務管理を請け負う、 人材のスペシャリストとなります。
さらに詳しい情報はコチラ

第3位マンション管理士・管理業務主任者<国家資格>

マンション管理士と管理業務主任者は、マンション管理に関する専門的知識を持つ 国家資格となります。
さらに詳しい情報はコチラ

第4位宅建<国家資格>

皆さんもご存知の通り宅建は、宅地・建物を取り扱う際に必要になる国家資格となります。
さらに詳しい情報はコチラ

第5位ファインナンシャルプランナー<国家資格>

ファイナンシャルプランナーは、金融に関する専門知識を活かして、 個人の顧客にライフプランを提案するお仕事です。
さらに詳しい情報はコチラ

第6位通関士<国家資格>

通関士とは、輸出入に必要な通関手続きを代行する国家資格となります。
さらに詳しい情報はコチラ

第7位簿記<民間資格>

簿記の仕事は、いまさら言うまでもなく、各企業で経理の仕事を行ないます。
さらに詳しい情報はコチラ
通信講座ランキング
フォーサイト

ハイビジョン講義やフルカラーテキストが話題になり高い合格率を誇る通信教育。広告宣伝をしない代わりに受講料を徹底的に下げました。

大原

通学講座として歴史が古く実績もあります。受講者フォローも充実して、講座の種類もかなり充実しています。

ユーキャン

CMで話題になり、高い知名度を誇る通信講座。わかりやすいテキストで初心者でも安心して受講することが出来ます。