資格で年収を上げるためのポイントがわかる

行政書士の仕事と年収について!

<仕事編>
行政書士とは、官公署に提出する行政書類を代筆・代行する専門家となります。
何度かテレビドラマにもなり、一度は聞いた事のある国家資格ではないでしょうか?

具体的な仕事内容は、
●会社設立に必要な書類
●飲食店・風俗営業許可の書類
●相続・遺言に関する書類
●自動車に関する書類
●各契約書に関する種類
●著作権に関する書類
などです。

他にもまだまだあり、取り扱える種類の数は、1万を超えるとまで言われています。
そして、取引先は企業、個人を問いません。
つまり、職域がかなり広い仕事と言えます。

<年収編>
行政書士の平均年収については、一般的に600万円前後と言われています。
ただ、あくまでも平均ですので、実際は稼いでいる方とそうでない方の差が
非常に激しい資格でもあります。

どう言うことかというと、行政書士は資格を取得しても仕事をやっていなかったり、
専業としていなかったりする方も非常に多いのが特徴です。

ですので、本業としてしっかりとやっている方は年収が高く、
1千万円を超える方はザラにいる資格です。

対して、兼業もしくはほとんど仕事をやっていない方は、必然と年収が低くなります。

つまり、600万円が高いか安いか別にしても、
行政書士は非常に稼ぎやすい資格でもあるのです。

今回、行政書士以外にも、厳選した様々な資格を紹介しますが、
その中で最も年収が上げやすいのが、この行政書士です。

理由としては色々ありますが、最も大きな原因は、
職域が広く、ターゲットが幅広いことにあります。

行政書士は古くからある資格で、有資格者も決して少なくありません。
しかし、それでもこれだけ、職域が広ければ、全ての案件に対応しきれないのです。
そのため、まだまだ手をつけていない分野の仕事も多く、
そこを開拓できれば、通常の会社員では考えられないほどの
年収を稼ぎ出す事が出来ます。

現に、年収1千万はおろか、2千万円や3千万円稼いでいる方も珍しくありません。

ただ、稼いでいる方があまり表に出てこないので、インターネット上では、
稼げないと言う方もいます。

しかし、そのような人達が知らないだけで、
実際にはかなりの年収を稼いでいる方が多い資格です。

年収を上げるという意味では、とても魅力的な資格と言えるでしょう!


資格年収ランキング

第1位行政書士<国家資格>

行政書士とは、官公署に提出する行政書類を代筆・代行する専門家となります。 何度かテレビドラマにもなり、一度は聞いた事のある国家資格ではないでしょうか?
さらに詳しい情報はコチラ

第2位社会保険労務士<国家資格>

社会保険労務士は、独立開業型の国家資格で、企業の労務管理を請け負う、 人材のスペシャリストとなります。
さらに詳しい情報はコチラ

第3位マンション管理士・管理業務主任者<国家資格>

マンション管理士と管理業務主任者は、マンション管理に関する専門的知識を持つ 国家資格となります。
さらに詳しい情報はコチラ

第4位宅建<国家資格>

皆さんもご存知の通り宅建は、宅地・建物を取り扱う際に必要になる国家資格となります。
さらに詳しい情報はコチラ

第5位ファインナンシャルプランナー<国家資格>

ファイナンシャルプランナーは、金融に関する専門知識を活かして、 個人の顧客にライフプランを提案するお仕事です。
さらに詳しい情報はコチラ

第6位通関士<国家資格>

通関士とは、輸出入に必要な通関手続きを代行する国家資格となります。
さらに詳しい情報はコチラ

第7位簿記<民間資格>

簿記の仕事は、いまさら言うまでもなく、各企業で経理の仕事を行ないます。
さらに詳しい情報はコチラ
通信講座ランキング
フォーサイト

ハイビジョン講義やフルカラーテキストが話題になり高い合格率を誇る通信教育。広告宣伝をしない代わりに受講料を徹底的に下げました。

大原

通学講座として歴史が古く実績もあります。受講者フォローも充実して、講座の種類もかなり充実しています。

ユーキャン

CMで話題になり、高い知名度を誇る通信講座。わかりやすいテキストで初心者でも安心して受講することが出来ます。