資格で年収を上げるためのポイントがわかる

ファイナンシャルプランナーの仕事と年収について

<仕事編>
ファイナンシャルプランナーは、金融に関する専門知識を活かして、
個人顧客にライフプランを提案するお仕事です。
就業先として多いのは、保険、不動産、住宅メーカー、銀行、証券会社などです。
ただ、最近では独立系のファインナンシャルプランナーも増えてきています。

仕事の具体的な例を上げると、顧客が住宅を購入したいとします。
その場合、様々な要素を考慮して考えなくてはいけません。

例えば、毎月の収入や支出を考え、毎月のローンはいくらくらいが妥当か、
頭金はいくらで、毎月いくら貯金して、何歳から購入する方が良いのか、
その他にも保険や税金、将来の養育費なども考えなくてはいけません。

一見このようなことは、個人でも考えることが出来そうですが、
実際は、税金や保険などの複雑な仕組みや社会情勢なども考えなくては
いけないので、専門的な知識が必要になるのです。

もし、何の知識もない素人が計画を立てれば、
一時期に流行った住宅ローンが払えなくなるということにもなります。

その他にも金融商品や教育ローン、セカンドライフの提案なども行ないます。

<年収編>
ファイナンシャルプランナーは、金融系の企業で就職して働くケースが多いので、
比較的年収が高いと思います。
因みに損保業界なら平均年収が800万円で、証券業界は660万円くらいです。
ただ、ファイナンシャルプランナーの資格は、
どちらかと言えば就職してから取得するケースが多く、資格そのものの力で
就職するのは難しいと感じます。
それよりも、経験や実績が高く評価されます。

しかし、独立系のファイナンシャルプランナーで成功している人も増え始めてきました。

独立した場合、企業に勤務する場合と異なり、
顧客に最もあった商品を提案することができます。
これが企業に勤務していれば、自社の商品を販売しなければいかず、
それが顧客に対して最適でない場合もあります。

しかし、独立していれば、そのようなことはなく、
様々なライフプランの提案も出来ます。
そして、顧客の信頼を勝ち取り、年収1千万円を超える方も出てきています。

今後独立系のファイナンシャルプランナーが確実に増えてくるので、
将来性がある資格とも言えます。


資格年収ランキング

第1位行政書士<国家資格>

行政書士とは、官公署に提出する行政書類を代筆・代行する専門家となります。 何度かテレビドラマにもなり、一度は聞いた事のある国家資格ではないでしょうか?
さらに詳しい情報はコチラ

第2位社会保険労務士<国家資格>

社会保険労務士は、独立開業型の国家資格で、企業の労務管理を請け負う、 人材のスペシャリストとなります。
さらに詳しい情報はコチラ

第3位マンション管理士・管理業務主任者<国家資格>

マンション管理士と管理業務主任者は、マンション管理に関する専門的知識を持つ 国家資格となります。
さらに詳しい情報はコチラ

第4位宅建<国家資格>

皆さんもご存知の通り宅建は、宅地・建物を取り扱う際に必要になる国家資格となります。
さらに詳しい情報はコチラ

第5位ファインナンシャルプランナー<国家資格>

ファイナンシャルプランナーは、金融に関する専門知識を活かして、 個人の顧客にライフプランを提案するお仕事です。
さらに詳しい情報はコチラ

第6位通関士<国家資格>

通関士とは、輸出入に必要な通関手続きを代行する国家資格となります。
さらに詳しい情報はコチラ

第7位簿記<民間資格>

簿記の仕事は、いまさら言うまでもなく、各企業で経理の仕事を行ないます。
さらに詳しい情報はコチラ
通信講座ランキング
フォーサイト

ハイビジョン講義やフルカラーテキストが話題になり高い合格率を誇る通信教育。広告宣伝をしない代わりに受講料を徹底的に下げました。

大原

通学講座として歴史が古く実績もあります。受講者フォローも充実して、講座の種類もかなり充実しています。

ユーキャン

CMで話題になり、高い知名度を誇る通信講座。わかりやすいテキストで初心者でも安心して受講することが出来ます。