資格で年収を上げるためのポイントがわかる

簿記の仕事と年収について

<仕事編>
簿記の仕事は、いまさら言うまでもなく、各企業で経理の仕事を行ないます。
例えば、出入金のチェックや仕分け伝票の作成、
原価計算や資金繰り表作成など上げればきりがありません。

また、このような仕事は会社の規模、業種問わず、絶対に必要になることですので、
企業の核となる仕事といっても良いと思います。

この経理がしっかりと出来ているところは、順調に業績を伸ばしていて、
管理がおざなりな会社は経営が上手くいかないケースが非常に多いのです。
それだけ、重要なお仕事となります。

ただ、経理の場合は、簿記の資格はもちろんですが、
それ以外にも経験を求める 企業が多いのが現状です。
ですので、簿記の資格を持っているから、就職に有利とは一概に言えません。

<年収編>
このサイトは資格の年収をテーマにしているので、簿記の資格を入れようか迷いました。何故なら、簿記の資格を持っていても年収に影響してこないからです。
中には資格手当てを支給する会社もありますが、金額は微々たる物です。

しかし、直接的に年収を上げられなくても、間接的に必ず必要になる知識なので、
おすすめ資格として加えました。

やはり、年収を上げるという事は、会社員でも独立しても、経営的な感覚が必要になります。つまり、数字を意識して仕事をしなくてはいけないのです。
そのためには、最低限簿記の知識が必要になってきます。

例えば、今自分が行なっている仕事は、どのくらい軽費がかかり、
どのくらい儲けているのが?
そして、会社にとって今の仕事は効率の良い方法なのかといったような事です。

このようなことは、実際に決算書を読み取れる力が必要となり、
そのためには、簿記の知識が必要不可欠なのです。

一見簿記の資格と年収に関連性がないように思えますが、
非常に重要な知識ですので、資格取得を検討してほしいと思います。


資格年収ランキング

第1位行政書士<国家資格>

行政書士とは、官公署に提出する行政書類を代筆・代行する専門家となります。 何度かテレビドラマにもなり、一度は聞いた事のある国家資格ではないでしょうか?
さらに詳しい情報はコチラ

第2位社会保険労務士<国家資格>

社会保険労務士は、独立開業型の国家資格で、企業の労務管理を請け負う、 人材のスペシャリストとなります。
さらに詳しい情報はコチラ

第3位マンション管理士・管理業務主任者<国家資格>

マンション管理士と管理業務主任者は、マンション管理に関する専門的知識を持つ 国家資格となります。
さらに詳しい情報はコチラ

第4位宅建<国家資格>

皆さんもご存知の通り宅建は、宅地・建物を取り扱う際に必要になる国家資格となります。
さらに詳しい情報はコチラ

第5位ファインナンシャルプランナー<国家資格>

ファイナンシャルプランナーは、金融に関する専門知識を活かして、 個人の顧客にライフプランを提案するお仕事です。
さらに詳しい情報はコチラ

第6位通関士<国家資格>

通関士とは、輸出入に必要な通関手続きを代行する国家資格となります。
さらに詳しい情報はコチラ

第7位簿記<民間資格>

簿記の仕事は、いまさら言うまでもなく、各企業で経理の仕事を行ないます。
さらに詳しい情報はコチラ
通信講座ランキング
フォーサイト

ハイビジョン講義やフルカラーテキストが話題になり高い合格率を誇る通信教育。広告宣伝をしない代わりに受講料を徹底的に下げました。

大原

通学講座として歴史が古く実績もあります。受講者フォローも充実して、講座の種類もかなり充実しています。

ユーキャン

CMで話題になり、高い知名度を誇る通信講座。わかりやすいテキストで初心者でも安心して受講することが出来ます。